レーザー脱毛で産毛は処理できません

レーザーには、ムダ毛に含まれる黒いメラニン色素に反応する性質があります。
レーザーを照射することによって、ムダ毛そのものとムダ毛を再生させる毛母細胞に熱がつたわり細胞を破壊することで脱毛効果を発揮します。



ですから、産毛のような細くて色素の薄い毛では、レーザーの熱をためこみ毛母細胞を破壊することはできません。細くて色素の薄い産毛や白髪はレーザー脱毛では処理することができないのです。



しかし、そうとはいえ気になるムダ毛をそのままにしておくこともできませんし、自己処理を続けるのもお肌にとってよくありません、。
では、どうやってムダ毛の処理を行ったらよいのでしょう。

細くて色素の薄いムダ毛には、ニードル脱毛がお勧めです。
この方法ならムダ毛を1本ずつ狙って毛母細胞に直接働きかけますから、細くて色素の薄いムダ毛にも脱毛効果を期待できます。


たった1本のムダ毛ならさほど気にならない程度でも、束になってしまえば黒々として気になってしまうものです。
いくら細くて薄い毛であっても、無い方がはるかに肌は美しく見えます。

ムダ毛でお悩みの方は、まずはクリニックにで無料カウンセリングを受けることをオススメします。

脱毛に関して素人のあなたが、ひとりで悩んでいたとしても正しい答えがでることはありません。



実際に自分の気になるムダ毛がレーザーに反応するものなのか諦めた方が良いものなのかは、医師が見れば一目瞭然です。まずは相談してみると良いでしょう。