レーザー脱毛の仕組みとは

最近最もポピュラーな脱毛法といっても過言ではないほど利用者が増えているレーザー脱毛。

医療皮膚科やクリニックで気軽に施術でき、1回の施術時間も短くて済むために便利さからこの方法を選ぶ人も多いのですが、その脱毛の仕組みをご存知でしょうか。

使われるのは医療レーザーとも呼ばれるレーザー光で、メラニン、すなわち黒い色素に反応して集中的に熱を与えます。その光ををムダ毛を処理したい部分に照射すると、熱の力がムダ毛の毛母細胞を破壊し、毛が生えてこなくなるというのがレーザー脱毛の仕組みです。



照射時は毛根部分に熱が吸収されるので、チクッとした痛みとともに軽いやけど状態となりますが、我慢できないほどの痛みではありません。ムダ毛部分以外の皮膚はメラニン色素が多い状態(日焼けをしている状態)でなければ照射しても光は反応しないので、傷ついたり痛むことはありません。


そのため施術前は該当箇所は日焼けをしないようにしなければなりません。



1回の施術時間は範囲にもよりますが、たとえば両ワキだけなどであれば10分もあれば終わってしまい、忙しい人でも気軽に受けることができます。
多くのクリニックでは毛周期に合わせて2?3ヶ月おきに計5回以上施術を繰り返すというコースを薦めている場合が多いです。

永久的に毛が生えてこなくなるかどうかという点に関してはまだ医学的に明言はされていません。

しかし個人差はあるものの多くの人が5回以上の施術で半年?1年以上毛が生えてこないと効果を実感しており、半永久的な脱毛と言うことができるでしょう。